茨城県児童館連絡協議会は、県内にある児童館が相互に連絡提携をしやすいよう取りまとめ、児童館事業の充実向上をはかることを目的に活動をしています。
また、会員となっている児童館や児童センターで働く職員に対しての研修会の運営や、広報活動等を行っています。

茨城県児童館連絡協議会のおもな業務

  • 県内にある各児童館の、連絡や会議等の調整等
  • 児童厚生員2級資格の研修会及び認定
  • 機関紙「ひまわり」の発行及び広報活動

年間を通して、児童厚生員2級資格申請も行っていますので、お気軽に問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら

研修会の様子

事務局からのお知らせ

第1回児童館等職員研修会の開催について

2017年5月17日

当協議会が主催する研修会を開催いたします。

  • 日時:平成29年6月28日(水) 午前9時10分から受付
  • 場所:笠間市児童館(茨城県笠間市南友部1966-1 電話 0296-77-8340)

※ご出席の場合は、下記の申込書をダウンロードしご記入のうえ、6月21日(水)までに事務局へE-mail、郵送又はFAXで送付願います。

 

平成28年度 研修会の様子

2016年12月5日

スキルアップ研修会

平成29年1月19日(木) つくばにて

46名の参加者と一緒にスキルアップ研修会を行いました。講師の岡信行先生には大変お世話になりました。

岡先生と一緒にパペット登場

岡先生と一緒にパペット登場

「どこに穴をあけるの?」

「どこに穴をあけるの?」

キツネグループ演奏

キツネグループ演奏

山の音楽家より「ポコポンポンポン!」

山の音楽家より「ポコポンポンポン!」

児童館等職員研修会(日帰り)

平成28年6月28日(火) つくば市立市民ホールつくばねにて(参加者57名)

  • 放課後児童クラブ論 講師:児童健全育成推進財団 課長 阿南 健太郎
  • 表現活動 講師:東京家政大学 家政学部 教授 花輪 充
新しい視点から様々な支援法を学ぶ

新しい視点から様々な支援法を学ぶ

アンデンティティ(個性)の喪失が増えている現実

アンデンティティ(個性)の喪失が増えている現実

子どもにとって“ごっこ遊び”の重要性を理解

子どもにとって“ごっこ遊び”の重要性を理解

劇団員になりきり表現してみましたが身体がついていけず…

劇団員になりきり表現してみましたが身体がついていけず…

 

児童館等職員研修会(宿泊)

平成28年11月26日(土)、27日(日) 茨城県立児童センター こどもの城にて(43名)

  • 地域福祉活動 講師:常磐大学 教授 西田 恵子
  • ゲーム・運動遊び 講師:茨城女子短期大学 教授 神永 直美
  • 表現活動 講師:日本パペットセラピー協会 岡 信行
  • 児童の発達理論 講師:つくば国際大学 助教 山田 圭介
  • 児童館論 講師:中野区 北原児童館 館長 千葉 雅人

 

今の私達に何が出来るのか

今の私達に何が出来るのか

グループの中に入り耳を傾ける先生

グループの中に入り耳を傾ける先生

単純な動きでもゲームとなると夢中

単純な動きでもゲームとなると夢中

新聞棒から生まれた一例

新聞棒から生まれた一例

さてどんなパペットができるのでしょうか

さてどんなパペットができるのでしょうか

ぱんだとかいじゅうで人形劇上演中

ぱんだとかいじゅうで人形劇上演中

幼児期の環境が人間形成に大切の時期

幼児期の環境が人間形成に大切の時期

愛をもって接することが大事

愛をもって接することが大事

次世代育成には遊びが重要

次世代育成には遊びが重要

現場目線の言葉に聞き入る

現場目線の言葉に聞き入る

 

平成27年度スキルアップ研修会 つくば編の様子

2016年2月29日

つくばにて

54名の参加者と一緒に、初のスキルアップ研修会を行ないました。
講師の石田隆雄先生には大変お世話になりました。

 

過去のお知らせ一覧はこちら