令和2年度 第3回児童館等職員研修会の報告

2020年11月24日

 

令和2年度第3回児童館等職員研修会を11月17日(火)に茨城県立児童センターこどもの城で開催しました。
午前は前つくば市立竹園西児童館長の久松正人先生に、「児童館論Ⅰ」について、10年にわたる児童館勤務やPTA活動また行政での豊富な経験や知識をもとにたくさんの事例を通して具体的に児童館の在り方について教えていただきました。さらに、実際におこなってきた行事や職員への指導、保護者対応など実例を挙げながら、「遊びながら育てる」とはどういうことなのかを具体的に分かりやすくお話していただきました。
参加者からは「“便所に100wはいらない”子どもが必要とした時に関わりを深め対応していくことが大切なことに気が付いた」「人を見る目を養うことが、子どもたちへの支援につながることに気づかされた」「手作りの日、記録にチャレンジなどのイベントを子どもの失敗やケガを恐れることなくやってみようと思った」などの感想がだされました。
午後は「あとりええいむあっと」を主宰する西木理恵先生に、「表現活動」について、廃品となるペットボトルや牛乳カップ、手に入りやすい紙コップやストローなどを使って、子どもたちが簡単に作って遊べるものを教えていただきました。牛乳パックでっぽうや紙コップを使用した空気砲、ペットボトルで作るけん玉や車など、作って遊べるオモチャをたくさん教えていただき、参加者も子どもにかえってとても楽しんでいました。
参加者からは「簡単で安価なオモチャは面白いし、工夫次第で遊び方が広がります。早速子どもたちと作りたいと思います」「身近にあるものから簡単に作れて楽しめるオモチャ作りの例やアイディアをたくさんいただきました」「費用負担がなく、だれでも参加できる工作活動の実践ができました。工作が苦手な子も無理なくできると思います。」などの感想がだされました。
熱心に講義を受ける参加者の皆さんからは、今日の研修の成果をそれぞれの職場ですぐにでも活かしていきたいという意欲的な姿勢を感じることができました。

 

第4回児童館等職員研修会の開催について

2020年10月23日

当協議会が主催する研修会を下記のとおり開催いたします。
つきましては、ご多忙の折とは存じますが、万障お繰り合わせのうえ、ご出席いただきますようお願い申し上げます。

日時

令和2年12月18日(金) 午前9時30分から受付

場所

茨城県児童センター こどもの城 集会室
住所 : 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町 8249-4
電話 : 029-266-3044

ご出席の場合は、下記の申込書をダウンロードし、ご記入のうえ、11月30日(月)必着までに事務局へE-mail、郵送またはFAXにて送付願います。

送付先

茨城県児童館連絡協議会事務局
茨城県立児童センター こどもの城
〒311-1301 東茨城郡大洗町磯浜町8294-4
TEL:029-266-3044 FAX:029-266-3045
E-mail:kodomo@telwel-east.co.jp

 

令和2年度 第2回児童館等職員研修会の報告

2020年10月22日

 

令和2年度第2回児童館等職員研修会を10月14日(水)につくば市茎崎交流センターで開催しました。
午前は茨城キリスト教大学兼任講師の池田幸也先生に、地域福祉活動について、子どもたちを取り巻く環境の現状から課題を明確にし、子どもたちを健全に育むために、地域社会の役割が大切なことを教えていただきました。
また、Q&Aを取り入れたりユーモアを交えたりしながらの講義に、参加者は集中して主体的に学ぶことができました。
 参加者からは「大人も子供も孤立化しやすい社会で、相談する相手がいない保護者の人的資源になることの大切さが分かりました」「地域福祉の必要性について知り、児童館として何ができるのか?意識して役割を果たしていく重要性を考えることができました」「私達の児童館も地域とのつながりを軸に2〜3カ月に1度“子ども食堂”を開催しています。今月からは社協とコラボで毎月開催することになりました。まさに今必要な研修内容でした」などの感想がだされました。
 午後は常磐大学教授の水口進先生に、豊富な経験や知識をもとにたくさんの事例を通して具体的に「児童の発達理論」について教えていただきました。
また、「子育て凧揚げ理論」「OK牧場」「どこでもドアを見つけよう」など難しくなりがちな理論をエピソードやたとえ話で具体的に分かりやすく教えていただきました。
 参加者からは「子どもの成長を誕生から順序よくお話しいただいたので良く理解できました。人と人とのふれあいの大切さが改めて分かりました」「子どもの発達段階に応じた接し方により信頼感や自律性、勤勉性などが身につくことが理解できました」「特に心の理論のお話や思考の質や発達レベルに応じての子どもとの関わり方が必要ということが勉強になりました」などの感想がだされました。
熱心に講義を受ける参加者の皆さんからは、子どもたちの心と体の健全な発達を支える当事者として、自分自身の資質向上にかける思いが十分感じられました。

 

第3回児童館等職員研修会の開催について

2020年10月1日

当協議会が主催する研修会を下記のとおり開催いたします。
つきましては、ご多忙の折とは存じますが、万障お繰り合わせのうえ、ご出席いただきますようお願い申し上げます。

日時

令和2年11月17日(火) 午前9時30分から受付

場所

茨城県児童センター こどもの城 集会室
住所 : 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町 8249-4
電話 : 029-266-3044

ご出席の場合は、下記の申込書をダウンロードし、ご記入のうえ、11月2日(月)必着までに事務局へE-mail、郵送またはFAXにて送付願います。

送付先

茨城県児童館連絡協議会事務局
茨城県立児童センター こどもの城
〒311-1301 東茨城郡大洗町磯浜町8294-4
TEL:029-266-3044 FAX:029-266-3045
E-mail:kodomo@telwel-east.co.jp

 

令和2年度 第1回児童館等職員研修会の報告

2020年9月28日

職員研修
職員研修
職員研修
職員研修

 

令和2年度第1回児童館等職員研修会を9月17日(木)に茨城県児童センターこどもの城で開催しました。
午前は茨城女子短期大学教授の助川公継先生に、健全育成論のテキストやガイドライン、子どもに関わる法令などをもとに健全育成の理念や内容・方法などを教えていただきました。また、豊富な経験と知識をもとにしたお話は、子どもの理解やそのかかわり方について具体的に学ぶことができました。
参加者からは「遊びの中に子どもの発達を増進する重要な要素が含まれていることを再確認できたので、これから遊びの内容を考えていきたい」「子どもにとって発達のために何が必要なのか、言葉かけがどれだけ大事なことなのかなどすごく分かりやすい講義だった」などの感想がだされました。
午後は茨城女子短期大学講師で前認定こども園大成学園幼稚園長の木村久美子先生に、豊富な経験や知識をもとにたくさんの事例をあげ具体的に安全教育や安全管理について教えていただきました。また、グループワークでは、お互いの施設の情報交換をすることにより今まで見過ごしていた課題や問題点に気づくことができました。
参加者からは「定期的な訓練、マニュアルの作成の重要性を再認識した」「危機意識の持ち方は、人それぞれ違うからきちんと共通認識を持てるよう対策することを学んだ」「安全指導、安全管理、職員の態勢を整えて取り組む重要性を学ぶことができた」などの感想がだされました。
熱心に講義を受ける参加者の皆さんからは、子どもたちの健全育成や安全指導そして自分自身の資質の向上にかける思いが十分感じられました。

 

館長研修会の報告

2020年9月28日

館長研修
館長研修
館長研修
館長研修

 

新型コロナウィルスの影響で延期されていた館長研修会を9月2日(水)に茨城県児童センターこどもの城で開催しました。
講師に茨城県生涯学習・社会教育研究会長 長谷川幸介先生をお迎えし、「子どもの育ちと児童館の役割」というテーマでお話をしていただきました。
参加者からは「遊びの中に子どもの発達を増進する重要な要素が含まれていることを再確認できたので、これから遊びの内容を考えていきたい」「子どもにとって発達のために何が必要なのか、言葉かけがどれだけ大事なことなのかなどすごく分かりやすい講義だった」などの感想がだされました。
子どもは、どのような発達特性を持って誕生してきたのから始まり、現代のAI社会への転換の中で子どもたちに身に着けさせたい力は何なのか、そして児童館はその水先案内人として何をするべきなのかを教えていただきました。
参加者からは「長谷川先生の話は、何度も聞いており、毎回刺激を受けます」「児童館は水先案内人として子どもたちの成長を導く役割があることを改めて認識した」「嘘をついた子どもを問い詰めるのではなく、将来を見て目をつぶることも必要なことが分かった」「今後の活動計画において目標と目的をきちんと理解して取り組むことが大切なことが分かった」などの感想がだされました。
今日の講話を館長の皆さんがそれぞれの館において運営に活かしてくれることを期待しています。

 

第2回児童館等職員研修会の開催について

2020年8月17日

当協議会が主催する研修会を下記のとおり開催いたします。
つきましては、ご多忙の折とは存じますが、万障お繰り合わせのうえ、ご出席いただきますようお願い申し上げます。

日時

令和2年10月14日(水) 午前9時30分から受付

場所

つくば市 茎崎交流センター 2F 大会議室
住所 : つくば市小茎318番地
電話 : 029-876-3311

ご出席の場合は、下記の申込書をダウンロードし、ご記入のうえ、9月30日(水)必着までに事務局へE-mail、郵送またはFAXにて送付願います。

送付先

茨城県児童館連絡協議会事務局
茨城県立児童センター こどもの城
〒311-1301 東茨城郡大洗町磯浜町8294-4
TEL:029-266-3044 FAX:029-266-3045
E-mail:kodomo@telwel-east.co.jp

 

第1回児童館等職員研修会の開催について

2020年7月27日

当協議会が主催する研修会を下記のとおり開催いたします。
つきましては、ご多忙の折とは存じますが、万障お繰り合わせのうえ、ご出席いただきますようお願い申し上げます。

日時

令和2年9月17日(木) 午前9時30分から受付

場所

茨城県児童センター こどもの城 集会室
住所 : 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8249-4
電話 : 029-266-3044

ご出席の場合は、下記の申込書をダウンロードし、ご記入のうえ、8月31日(月)必着までに事務局へE-mail、郵送またはFAXにて送付願います。

送付先

茨城県児童館連絡協議会事務局
茨城県立児童センター こどもの城
〒311-1301 東茨城郡大洗町磯浜町8294-4
TEL:029-266-3044 FAX:029-266-3045
E-mail:kodomo@telwel-east.co.jp

 

令和元年度 スキルアップ研修会の報告

2020年2月14日

令和元年度スキルアップ研修会を令和2年1月15日(水)にアダストリアみとアリーナで、また1月23日(木)にはつくば市ふれあいプラザで開催しました。
これは、赤い羽根共同募金からの助成により開催されました。
子どもたちの健全育成に係る児童館職員や放課後児童クラブ等、子どもに関わる仕事をされている方を対象に、子どもたちと一緒に体を動かす活動を、実技を通して学ぶことが目的です。
この研修会では、児童健全育成推進財団とナイキがパートナーシップを組み、東京都内の児童館で実施しているJUMP-JAM(ジャンジャン)プロジェクトのノウハウを実際に体験しました。子どもたちが、身体を使った運動やスポーツそして遊びに親しみ、「身体を動かすって楽しい!」と感じるようなプログラムをたくさん学びました。
参加者からは「体を動かしながらコミュニケーションを取れたのが良かった」「運動な苦手な子どもも楽しめる」「色々な種類の遊びを教えてもらった」「楽しみながら運動量を増やせる」「分かりやすい説明の仕方を学べた」「ジャンケンだけでも様々なバリエーションがあることを知ることができた」などの感想がだされました。
水戸とつくばで行った2回の研修とも60名の参加があり、全員から「良かった」という評価をいただきました。参加した皆さんがそれぞれの勤務地で研修の成果を活かし、子どもたちと一緒に運動遊びを実践していると思います

 

水戸会場

つくば会場

 

令和元年度 スキルアップ研修会の開催について

2019年12月11日

当協議会が赤い羽根共同募金からの助成により主催するスキルアップ研修会を下記のとおり開催いたします。
ご多忙の折とは存じますが、ぜひともご参加いただきますようお願い申し上げます。

期日

令和2年1月15日(水)

会場

アダストリアみとアリーナ
水戸市緑町2丁目3-10

募集期間

令和2年1月7日(火)まで

期日

令和2年1月23日(木)

会場

つくば市ふれあいプラザ
つくば市下岩崎2164-1

募集期間

令和2年1月16日(木)まで

※2回の研修は共通の内容を含みますが、全て同じ内容ではありません。

研修会案内および申込書

 

令和元年度 第4回児童館等職員研修会の報告

2019年12月13日

 

令和元年度第4回児童館等職員研修会を11月28日(木)に茨城県児童センターこどもの城で開催しました。
午前は茨城大学教授の神永直美先生に、子どもたちの成長に欠かすことのできない遊びやゲームについて教えていただきました。誰でも簡単に取り組め、楽しさを共有できる遊びや、身近な新聞紙を使った様々な遊びなど実際に体験しながら学ぶことができました。
参加者からは「自分たちで考えたゲームを実際にみんなでやれて参考になりました」「新聞だけでもいろいろなゲームができることが分かりました」「最後の子どもの現状や児童館等の果たす役割等のお話はとても参考になり、心にしみました」「道具がなくても歌やダンス等で心も体もウォーミングアップできることを学びました」「一緒に参加した方々とコミュニケーションを取りながら、グループで知恵を出し合ってゲームを考えたのがとても楽しかったです」などの感想がだされました。
午後は茨城女子短期大学准教授の富田浩子先生に、表現活動について、子どもたちの豊かな感性を刺激し、創造力を養えるような「造形遊び」の方法を、理論と実技で教えていただきました。また、参加者一人ひとりに材料を用意していただき、4つの作品を制作することができ、参加者は非常に満足していました。
参加者からは「牛乳パックを使用して動くものが作れることに驚きました」「子どもたちの大好きなキャラクターを作れて参考になりました」「音楽を聴きながら制作活動をすることはとても良いと思いました」「キャラクターの紙型をいただいたので、児童館で早速やってみたいと思います」「制作したもので踊ったり、話したり、遊んだり、飾ったりと活動の広がりを学ぶことができました」などの感想がだされました。
実技に熱心に取り組んでいる参加者の皆さんからは、子どもたちの健全育成や自分自身の資質の向上にかける思いが十分感じられました。

 

令和元年度 第3回児童館等職員研修会の報告

2019年10月17日

 

令和元年度第3回児童館等職員研修会を10月9日(水)に東海村総合福祉センター「絆」の多目的ホールで開催しました。
午前は常磐大学准教授の若林功先生に、集団援助活動についてその意義や、事例などを豊富な資料や体験をもとに、具体的にお話しいただきました。また、グループワークの企画立案や活動をロールプレイで学ぶことができました。
参加者からは「グループワークの演習を通して、他館の方とも情報交換しながら今後の在り方について方向付けができました」「理論的なことだけでなく体験ができたことでさらに身についた気がしました」「同じ悩みを抱える同志が話をすることによって、問題が解決にに向かうことは、とても良いことだと思います」「親と職員が共に考え、共に立場を理解し、協力して子どもたちに向き合うことはとても魅力的だと思います」などの感想がだされました。
午後は茨城女子短期大学准教授の橋本先生に、子どもたちの成長に欠かすことのできない遊びについて教えていただきました。言葉以外のコミュニケーションやわらべうた、共同遊びや身近なものを使った遊びなど実際に体験しながら学ぶことができました。
参加者からは「楽しく体を動かし、先生や参加者の方々と親しめて良かったです」「これからの子どもたちには非認知能力がとても大切だと感じました」「道具を使わずに楽しく遊べる方法がためになりました。子どもたちと一緒にやりたいと思います」「一人ではなく複数で、子どもたちと一緒にルールを話し合って進めていくことが大切だと思いました。」「自分自身が楽しいと思える遊びを、見通しを持って進めていくことが大事だと思いました。」などの感想がだされました。
熱心に講義を受けている参加者の皆さんからは、子どもたちの健全育成や自分自身の資質の向上のために意欲的に取り組もうとする姿勢を感じました。

 

一般財団法人 児童健全育成推進財団からの研修会のご案内

2019年9月17日

一般財団法人 児童健全育成推進財団から、研修会のご案内です。

研修会名

全国児童厚生員等指導者養成研修会

開催日

2019年12月3日(火)~5日(木)

会場

セミナープラス南町田 (東京都町田市)

開催要項・申込書は児童健全育成推進財団インターネットサイトの「研修会のご案内」からダウンロードできます。

参加をご希望の方は郵送、FAX、インターネットのいづれかの方法で2019年10月28日までに一般財団法人 児童健全育成推進財団までご連絡をお願いいたします。

児童健全育成推進財団インターネットサイト

 

令和元年度 第2回児童館等職員研修会の報告

2019年9月11日

第2回研修会
第2回研修会
第2回研修会
第2回研修会

 

令和元年度第2回児童館等職員研修会を9月3日(火)にふれあいの里 石岡 ひまわりの館で開催しました。
午前は常磐大学准教授の若林功先生に、さまざま事例を通して「個別援助指導」の方法を具体的に教えていただきました。また子どもへの対応の仕方も実際に実技を通して学ぶことができました。
参加者のアンケートには「個に寄り添った支援をして居心地の良い児童館にしていきたい」「個人を取り巻く環境や背景にも目を向けたい」「バイステックの原則を実践していきたい」「話を聞く態度や目線,口調などに気を付けていきたい」など具体的な目標が記入されていました。
午後は関東短期大学講師の村田初女先生に、豊富な体験や経験をもとに児童館の運営について具体的に教えていただきました。はじめて勤務する職員はもちろんベテランの職員もこれからの児童館の在り方について改めて考えなおすことができました。
参加者のアンケートには「地域の駆け込み寺になりたい」「子どもや保護者の居場所づくりしていきたい」「規則やルールは大切だが、臨機応変に対応することの必要性を学べた」「高校生の事例がとても印象的だった」などの感想が記入されていました。
熱心に講義を聞く受講者の皆さんからは、子どもたちの健全育成に向けて、意欲的に取り組もうとする姿勢を感じることができました。

 

第3回児童館等職員研修会の開催について

2019年8月27日

当協議会が主催する研修会を下記のとおり開催いたします。
つきましては、ご多忙の折とは存じますが、万障お繰り合わせのうえ、ご出席いただきますようお願い申し上げます。

日時

令和元年10月9日(水) 午前9時30分から受付

場所

東海村総合福祉センター「絆」多目的ホール
住所 : 茨城県那珂郡東海村村松2005
電話 : 029-283-2299

ご参加の場合は、下記の申込書をダウンロードし、ご記入のうえ、10月2日(水)までに事務局へE-mail、郵送またはFAXにて送付願います。

第3回職員研修開催通知及び申込書

送付先

茨城県児童館連絡協議会事務局
茨城県立児童センター こどもの城
〒311-1301 東茨城郡大洗町磯浜町8294-4
TEL:029-266-3044 FAX:029-266-3045
E-mail:kodomo@telwel-east.co.jp

 

令和元年度 児童厚生員等研修計画について

2019年8月5日

児童厚生員等研修計画については以下の通りです。

児童厚生員等研修計画書をダウンロード

 

令和元年度 第1回児童館等職員研修会の報告

2019年8月5日

 

令和元年度第1回児童館等職員研修会を、6月25日(火)に『市民ホールやたべ』で開催しました。
午前は「配慮を要する児童の対応」というテーマで茨城キリスト教大学元教授の石田隆雄先生にさまざま事例を通して具体的に教えていただきました。子どもへの対応の仕方は実際に実技を通して学びました。「結果ではなく過程をほめる」「名前を呼んで声かけをする」「ありがとうの溢れる場を作る」など、いろいろ学ぶことができました。
午後は「表現活動」のテーマで日本音楽療法学認定音楽療法士の松本鈴子先生に、身近な道具や音楽を効果的に活用したいろいろな表現方法を教えていただきました。お手玉や新聞紙、シャボン玉、パラバルーンなどを使った活動は笑いに溢れ、あっという間の2時間でした。拍手や動物の鳴き声、しりとりなども工夫すればいろいろ楽しい活動ができることも学ぶことができました。