茨城県児童館連絡協議会は、県内にある児童館が相互に連絡提携をしやすいよう取りまとめ、児童館事業の充実向上をはかることを目的に活動をしています。
また、会員となっている児童館や児童センターで働く職員に対しての研修会の運営や、広報活動等を行っています。

茨城県児童館連絡協議会のおもな業務

  • 県内にある各児童館の、連絡や会議等の調整等
  • 児童厚生員2級資格の研修会及び認定
  • 機関紙「ひまわり」の発行及び広報活動

年間を通して、児童厚生員2級資格申請も行っていますので、お気軽に問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら

研修会の様子

事務局からのお知らせ

第4回児童館等職員研修会の開催報告

2019年1月7日

  • 地域を基盤に

  • 様々な意見交換中

  • ワークショップ学びの発表

  • しゃもじのブツブツは?

  • 人生の原点は足で歩くこと

  • こどもに指示待ちしない教育を

参加者の声
  • 地域との繋がりを広げ、児童館の役割を質の高いものにしていきたいと思いました。
  • 座学のみではなくワークショップがあった為、理論を現実的に乗せて考える事が出来たかと思います。答えをただ教わるだけでなく皆で考えてまとめていくという方法を教えていただきました。
  • 限られた時間の中でグループワークを行い、自分の考えや他者の意見を聞きながらまとめる事の大切さと、様々な考え方や具体的な取り組み方法を聞き実践的な研修会に満足しています。
  • 体調が優れない中でのお話、じっくりと聞かせていただきました。「里山」の映像の子ども達の表情が私達大人に大切なものを教えてくれました。
  • 独特なタッチの宮﨑先生、木更津の保育園での体験は素晴しいと思います。最後の質疑・応答が心に響きました。今の子ども達に足りない部分を、今後このような活動が増えていくことを願いたいと思います。”優しさだけではなく強さが必要“の一言が感慨深かったです。

 

第3回児童館等職員研修会の開催報告

2019年1月7日

  • 表現あそびうた

  • らっかせいダンス

  • ふれあいあそびうた

  • 心にゆとりを

  • エリクソンから学ぶ

  • 充実して育つ大切さ

参加者の声
  • 何気ない日常から遊び歌を紡ぎ出し、子どもたちと一緒に楽しんでいる様子が目に浮かぶような楽しい実技でした。以前、どこかでお会いしましたが全然変わらない素敵な先生でした。
  • 一つのゲームや遊びが、子ども達の発想で広がっていく楽しさを実感しました。
  • 「乳幼児と小学生が楽しむあそびうた」という概念に惹かれ参加してとても有意義でした。
  • 子どもは大人の全てを見ている、人同士の関係、物の見方等考えさせられました。
  • すごく聞きやすいお話でした。何度も頷き、レジュメは走り書きでいっぱいになりました。また機会があれば、お話を聞きたいと思いました。
  • エリクソン理論のライフサイクル理論については、子どもというより大人の自分に置き換えて考え振り返る事ができました。

 

平成30年度 スキルアップ研修会の開催について

2018年12月6日

当協議会が主催する研修会を下記のとおり開催いたします。
何かとご多忙の時期とは思いますがこの研修会に、ひとりでも多くの職員の方々にご参加いただけますようご案内申し上げます。

研修開催詳細
  • 第1回:平成31年1月16日(水) 水戸市(茨城県総合福祉会館)
    募集定員/80名 募集期間/平成30年12月11日(火)~平成31年1月10日(木)
  • 第2回:平成31年1月20日(日) つくば市(市民ホールやたべ)
    募集定員/100名 募集期間/平成30年12月11日(火)~平成31年1月15日(火)
  • 第3回:平成31年1月31日(木) 行方市(茨城県立白浜少年自然の家)
    募集定員/60名 募集期間/平成30年12月11日(火)~平成31年1月25日(金)
  • 第4回:平成31年2月8日(金) 神栖市(神栖市平泉コミユニティセンター)
    募集定員/80名 募集期間/平成30年12月11日(火)~平成31年2月2日(土)

ご出席の場合は、下記の申込書をダウンロードし、ご記入のうえ、事務局へE-mail、郵送またはFAXにて送付願います。

関連資料
茨城県総合福祉会館 第二駐車場案内図

 

第2回児童館等職員研修会の開催報告

2018年9月26日

  • こどもの関わりを再認識

  • 45分刻みを学ぶ

  • 悩みを共有

  • 児童館だから出来る事

  • 初心に戻る大切さ

参加者の声
  • 子どもを取り巻く環境において、様々な方が関わり共通理解しながら進めて行くことが大切であると改めて感じました。行政との関わりもとても大事であること。そして地域によって対応が違い、差があることも考えさせられました。
  • 先生の現役時代に、子ども達の為日々奮闘してきた姿を想像しながら楽しく受講しました。
    また、飽きさせない工夫を盛り込み美しい歌声に酔いしれました。説得ある研修内容だったので、実践に繋げていきたいです。
  • わかな学童クラブの活動の中で、45分間隔で活動を切り上げてあげると子ども達も集中力がきれないので、次のあそびや活動に取り組んでいけるというお話がすごく為になりました。
  • 児童館のあり方や機能また役割を改めて知る事ができました。子どもを見守るだけでなく生活支援や保護者の相談にも対応できる現場でならなければならないという自分の役割などを講義で実感できました。
  • とても有意義な研修会でした。質疑応答の場面では、実際に直面している切実な悩みを訴える話から、同じ環境で働いている人との情報を知り得たことで交流がもてました。
  • 児童館やクラブの役割を詳しく知ることができました。児童館だからできることがたくさんある中、それをいかして子ども達と関わっていけたらいいと思いました。
  • 学生さんが書いた目標を読んでいただき、初心に返った気持ちになり「もっと頑張ろう」という気持ちがわいてきました。また、改めて見直しの部分がみえてきました。

 

過去のお知らせ一覧はこちら