令和元年度 スキルアップ研修会の報告

更新日:2020年2月14日

令和元年度スキルアップ研修会を令和2年1月15日(水)にアダストリアみとアリーナで、また1月23日(木)にはつくば市ふれあいプラザで開催しました。
これは、赤い羽根共同募金からの助成により開催されました。
子どもたちの健全育成に係る児童館職員や放課後児童クラブ等、子どもに関わる仕事をされている方を対象に、子どもたちと一緒に体を動かす活動を、実技を通して学ぶことが目的です。
この研修会では、児童健全育成推進財団とナイキがパートナーシップを組み、東京都内の児童館で実施しているJUMP-JAM(ジャンジャン)プロジェクトのノウハウを実際に体験しました。子どもたちが、身体を使った運動やスポーツそして遊びに親しみ、「身体を動かすって楽しい!」と感じるようなプログラムをたくさん学びました。
参加者からは「体を動かしながらコミュニケーションを取れたのが良かった」「運動な苦手な子どもも楽しめる」「色々な種類の遊びを教えてもらった」「楽しみながら運動量を増やせる」「分かりやすい説明の仕方を学べた」「ジャンケンだけでも様々なバリエーションがあることを知ることができた」などの感想がだされました。
水戸とつくばで行った2回の研修とも60名の参加があり、全員から「良かった」という評価をいただきました。参加した皆さんがそれぞれの勤務地で研修の成果を活かし、子どもたちと一緒に運動遊びを実践していると思います

 

水戸会場

つくば会場