令和2年度 第1回児童館等職員研修会の報告

更新日:2020年9月28日

職員研修
職員研修
職員研修
職員研修

 

令和2年度第1回児童館等職員研修会を9月17日(木)に茨城県児童センターこどもの城で開催しました。
午前は茨城女子短期大学教授の助川公継先生に、健全育成論のテキストやガイドライン、子どもに関わる法令などをもとに健全育成の理念や内容・方法などを教えていただきました。また、豊富な経験と知識をもとにしたお話は、子どもの理解やそのかかわり方について具体的に学ぶことができました。
参加者からは「遊びの中に子どもの発達を増進する重要な要素が含まれていることを再確認できたので、これから遊びの内容を考えていきたい」「子どもにとって発達のために何が必要なのか、言葉かけがどれだけ大事なことなのかなどすごく分かりやすい講義だった」などの感想がだされました。
午後は茨城女子短期大学講師で前認定こども園大成学園幼稚園長の木村久美子先生に、豊富な経験や知識をもとにたくさんの事例をあげ具体的に安全教育や安全管理について教えていただきました。また、グループワークでは、お互いの施設の情報交換をすることにより今まで見過ごしていた課題や問題点に気づくことができました。
参加者からは「定期的な訓練、マニュアルの作成の重要性を再認識した」「危機意識の持ち方は、人それぞれ違うからきちんと共通認識を持てるよう対策することを学んだ」「安全指導、安全管理、職員の態勢を整えて取り組む重要性を学ぶことができた」などの感想がだされました。
熱心に講義を受ける参加者の皆さんからは、子どもたちの健全育成や安全指導そして自分自身の資質の向上にかける思いが十分感じられました。