チャレンジ体験「星空探検」

更新日:2017年2月1日

まだまだ寒さが厳しいですが、少しずつ日が長くなってきましたね。晴れた日には、子どもたちと一緒にお外で遊んでみてはいかがでしょうか。
さて、こどもの城では1月28日~29日の1泊2日で「ワクワク星空探検 in こどもの城」を行いました。
詳しくは下記をご覧ください。

 

☆ワクワク星空探検inこどもの城☆

1日目

望遠鏡作り

段ボールと牛乳パック、ルーペを利用して簡単な望遠鏡を作りました。カッターやハサミを使いながら切っていくのは難しく保護者の方と協力しながら作っていきました。形が出来上がった望遠鏡に自由に折り紙で飾りつけをしていきました。それぞれ個性豊かな望遠鏡が完成していましたよ!!
子どもたちは出来上がるとさっそく望遠鏡をのぞき込み、上下逆さまに見える望遠鏡に驚いていました。

プラネタリウム・星空の話・天体観測

茨城大学のお兄さん、お姉さんたちがプラネタリウムの上映や天体観測、星座についてのクイズなど様々なお話をしてくれました。大学生の話を子どもたちは真剣に聞き、星についてたくさん質問をしていました。また、天体観測では晴天にも恵まれ星がよく見えました。子どもたちは、自分で作った望遠鏡で星を見ていましたよ。

2日目

もちつき体験・大福作り

杵と臼を使っての餅つきを初めて体験する子が多く、杵の重さや臼の大きさに驚いていました。
最初は、お父さんたちに頑張ってついてもらい仕上げを子どもたちは頑張りました。
つきたてのお餅は、お雑煮とイチゴ大福にしました。つきたてのもちの柔らかさに苦戦しながらあんことイチゴを自分自身も真っ白になりながら包んでいきました。
自分たちでついた餅や作った大福は格別で大人も子どももたくさん食べていましたね!!

天気も良くたくさんの方のご協力のもと子どもたちの笑顔をたくさんみることができたイベントとなりました!!今回参加できなかった方も、これからも楽しいイベントを企画していきますのでぜひ参加してくださいね★
参加・ご協力いただいた方々2日間ありがとうございました!!